スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほほう

最近更新のネタがないです。
おまけに課題も大きなのが3つほど重なってて・・・
それでも昨日今日で2つ終わってくれたので良かったです。
まあ、最後の一つが一番難関な気がしますがorz
来週からはテスト始まっちゃうしねorz

まあ一週間以上更新しないのもなんかいやなんで、
古い写真でも晒そうかと思ってた矢先、
おもしろそうなニュースをキャッチしましたw

アップル社待望のタブレットPCの新名称は「iPad」
「iPad」から夢想する“次期iPhone”の姿

今までアップル製品、というかタッチパネルにはあまり興味がなかったのですが、(画面汚れるジャン)
ひさびさに、ビビッときましたw
この大きさは素敵ですね。
ノーパソほど大きくなく、iphoneほど小さくなく。(個人的にはiphoneは携帯としては大きいと思ってますが)
ギガジン側のニュースでジョブスがソファーに座って操作してる画像がお気に入りですw
あの使い方だとタッチパネルが一番いいかもしれませんね。
気になる価格も4万4千~7万4千とさほど高くない模様。
もっともまだ日本では発売されてないし、別途通信料とかもかかるでしょうが。
発売されたらちょこっとお店で弄ってみましょうかね。

ちなみに、キーボード付きがいいという方はこちらがありんす。
Eee PC T91MT


お?
結構書けたみたい。
じゃあ過去の写真曝しはまた次回という事でw
スポンサーサイト

冬のお供が

毎年冬になるとエアコン+電気毛布でぬくぬく過ごすのですが、どうやら電気毛布が壊れてしまったみたい。
電気毛布は足担当で、これがないと足がキンキンに冷えてしまう。
ただでさえ毎年霜焼けになるのに、これじゃあ余計悪化しちゃうよorz

今は画面をテレビ側にして、ホットカーペットでしのいでます。


最近ヒューズの交換でこのブログにたどり着く方が結構居るみたいなので、注意書きを書き加えます。
分かってる方はいいですが、
決して真似しないでください。
最悪の場合火事になります。
やる方は自己責任で。

ヒューズが切れたってことはそれなりの原因があるはずです。
内部の電熱線がどこか短絡して異常発熱(電流流れすぎ)してたり、制御回路がいかれてどんどん電流が流れてたり。
いずれにせよ機器は正常ではなくなっています。
安全装置をいじって、どこかのガス給湯器の二の前になっても知りませんよ?
これが電気じゃなくてガスだったら、自分で修理しようとは思いませんよね。


さてさて。そんなわけで、
いつものように友達とメッセしながらまったりPCライフを送っていたのですが、なんだか足に巻いてる電気毛布が冷えてきました。
ありゃりゃぎ?と思ってコントローラー見たら、電源ランプが消えてる?
P1010721.jpg

がちゃがちゃ動かしても、ACプラグ抜き差ししても点灯しない・・・
これは・・・逝ってしまったのか?
ってことで早速分解。
P1010722.jpg
テスター片手に1分。
どうやらヒューズが飛んだようです。
白いセメント抵抗みたいなやつで、真ん中のリード線がヒューズとなっていて、通電しませんorz

さて。
ここでのカードは三つ。
1、あきらめる。
2、交換のパーツを探す。
3、100℃くらいのヒューズパラっちゃえばいいんじゃね?

まあ、当然のように3に流れるんですが、その前に考えないといけない事が一つ。

なぜにヒューズが切れたし。

ここを追求しないとヒューズ交換しても同じ事になるのが目に見えてます。
てことでテスター片手にどこがおかしいんだろぉ?



ざっぱりわがんね。


もう面倒になったので、さっさとヒューズを外付けしますw
ちなみにちょろっと見た感じだと、同じヒューズは売ってませんでした。

あともうひとつ。
これからやる事は、真似しないで下さい。
わりと危険です。
下手したら火事になります。
やるなら危険を認識した上で、自己責任で。



てことで、買ってきたのはこれ。
P1010723.jpg
これくらいならホームセンターに売ってるから楽ですね。
ちなみに、元のヒューズは103℃。買ってきたのは109℃w(だってなかったんだもんw)
明らかに間違ってますが、まあ大丈夫でしょw

で、こんな感じに落ち着きました。
P1010724.jpg
これ温度ヒューズの意味あるのか?w

さすがにこれじゃあ頼りないんで、回りに熱伝導シリコンでも塗っておきましょうw
P1010725.jpg
さらにこれをガムテープで覆いました。

てことで、電気毛布復活www
P1010726.jpg
これで再びあったかぬくぬくライフが送r・・・



また電源ランプ消えた\(^o^)/
P1010727.jpg

しかも本体が割と暖まってるしw

そして中身は・・・
P1010728.jpg
なんかガムテープが泡立ってる・・・orz

すみません。
もうやりません。


やっぱり原因を解明しなかったからですかねぇ。
結局当初の予定通り?同じ事になりましたw

まあ寿命だったのかもしれません。
たぶん5年くらい使ってるし。
ここらでご臨終してもらった方がいいのかもしれません。(新しいのが1000円で売ってるしね。)



寿命といえば、腕時計も寿命が来たようでした。
ソーラー式で、もう9年くらい使ってるやつ。
動かなくなったなぁとか思ったら、中の二次電池の寿命みたいですね。
これも1万くらいで同等の物は手にはいるのですが、
せっかくなので修理に出しました。(3600円くらいみたい)
しばらく腕時計なしですが、携帯とかあるから大丈夫かな。
基本的に毎日付けてるので、左腕が軽く感じます。
戻ってくるのは2~3週間だとか。

でわでわ

祝☆20000枚☆

ということで、予定通り、

東方画像が2万枚を超えました!!!
P1010720-1.png
もうすでに2万を超して、135枚も進んでますがw
昨日の投稿数が以上だっただけですw→例大祭7集合絵
これからさらに、今日集めたぶんが200枚ほど加算される事になります。(゚д゚)
ちなみに前回(1万枚)が7月3日なので、約半年で1万枚増えた事になります!(ぇ
100枚とか、1000枚で喜んでた頃が懐かしいw

ほとんどをPixivで蒐集してます。
6月頃から東方タグを全部確認するのに限界を感じたので、それからはお気に入りユーザーを中心に蒐集してるのですが、今お気に入りユーザー数確認したら、900人でしたw
まあ、当の本人は1枚だけ、それもオリジナルでないので誇れる事ではないですが。
絵師の皆さんには感謝感謝ですw

はたしてこのまま続くのか(^^;)
そしてどこまで行くのかw
終わりがないだけに楽しさと不安があります(うれしい不安だがなw)

あとちょっと。その前に

もうすぐ例のフォルダがキリのいい数字をむかえます。

でもその前に、その例のフォルダはいつのまにか10Gを超えてましたw

たぶん明後日くらいには超えるかな。




以上。ネタがないので苦し紛れの更新でした。



追記(AM3:30)
あ、ぶっちぎりで超えましたw

発振器完成(2)

とうわけで、前回の続きです。

前回はこちら→発振器完成!

ちなみにつかってるキットは秋月のMAX038精密波形発生キットです。


ケース加工も終わったので、いよいよ配線に入ります。
P1010653.jpg
途中ぶっ飛びましたw
配線終了ですw
まあ、説明書見ながらのんびり半田付けしてただけなので。
特にオリジナル要素とかはないです。
あ、今回は試験的にスパークキラーを付けてみました。100Ωと0.1μFを直列で。
これでスイッチの寿命が延びるらしい。
さらに言うなら、始めてヒューズ使いましたw
100V怖いしね。

でわ、いよいよドキドキの通電試験です!
電源プラグを差して・・・特に異常なしかな?
P1010654.jpg
およ?
スイッチ入れてたかな?
LEDが点いてるよ。(右上の青いの)
あれ?でもスイッチはちゃんと切れてるよ?

まあいいやw
スイッチON!
P1010655.jpg
異常はねえか!?
特に熱くなったり煙がてたりとかはなし、と。
で、LEDは煌々と光り輝いてると。



あ!
スパークキラーのせいかW
コンデンサーのせいでちょっとだけ電流流れてるんだw(いいのかなぁ?)
そのせいで、電源から3V出てます。
まあ、発振器本体は動いてないようだし、長いことプラグ挿しっぱなしという事もないと思うのでこれでよしとしましょう。

ではいよいよ発振テストを。
P1010656.jpg
一応発振してますね。
でも、なんか変です。
ダイヤル回すとある程度調整できるものの、すぐに不安定になってしまいます。
周波数微調節にいたってはまったく調節できないしorz

気を取り直してチェック開始です。
はい。
すぐ見つかりました。
ポテンションメーター付け間違えてましたw
ということでせっせと直して・・・
今度はうまくいきました。

でわ、いよいよ取り付けです。
P1010657.jpg
まあ、過程もなく一気に終わってしまうわけですが。
やっぱり中身はギュウギュウですw
操作系多すぎだろw
とまあ、ここまできて、もう一回テストして、やっとカバーが付けられます!

あとは保護ビニール剥がしたり、増し締めしたりして・・・
とうとう完成です!!!
まずはバックから。
P1010659.jpg
すっきりしてていいなぁ。

お次はフロント
P1010720.jpg
それにしてもごちゃごちゃ付きましたね。
測定器だからこんなもんかねぇ。
つまみがまちまちなのはつっこんではいけません。
ただの買い忘れですw
あと、一応発振器らしく周波数調整用にバーニヤダイアル付けてみました。
ちなみに右から周波数調整、微調整、デューティ比調整です。
下のつまみが周波数レンジ切り替え、隣のスイッチが波形選択(三角、sin、矩形)
一番左が電源となっております


これでアンプの性能がよく分かるぞー!

200KHzくらいまではきれいに出力されてます。
それより上のMHz帯も、減衰しながらも出力されてます。
減衰はきっと作り方のせいでしょう。


なにはともあれ、11月末からやりだして、漸く完成です。
ちょっと時間掛けすぎたな。
でもこれで発振器とオシロスコープがそろったので、いろいろ広がるわけです。


今度は依頼物かな。
またいろいろやろうとしてるので、無駄に大変なことになること必須ですw

でわでわ。
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。