スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた修理

どもども。
更新しようとか思いつつもどんどん月日が流れていきます。
今は新しいスピーカー&アンプを絶賛制作中です。


ということで修理二つめ。
前回に引き続き、今回はメインアンプの修理です。

こちらはいろいろやっかいなことになってまして、
まず電源がまともに入らなくなってました。
スイッチを入れたら片電源だけになってスピーカーに電源電圧がもろに流れ込みます。当然速攻でOFFにしますが。
それを何回か繰り返すとちゃんと電源が入ったり。(スピーカーいじめだね)

でまあそれでもだましだましやってこれたんですが、8月某日に突如として見事に片電源が入らなくなってしまいました。
仕方ないので初めて作ったアンプとみのむしクリップさんで代用しました。
P1020837.jpg
ちなみにアンプは秋月のこれです。

さて、メインアンプですがいったいなにが壊れたのかなあ?ということですが、どうやらスイッチが逝ってしまわれたようです。
スイッチが逝くとかどんだけ酷い扱いしてるんだよwwwって感じですが、まあ確かにそれなりに酷い扱いはしてたような気がしますが、スイッチが壊れたのが直接の原因です。
で、なんでスイッチが壊れたの?ってことですが、恐らく電源ON時のスパークのせいじゃないかと。

このアンプは電源でカップリングとして片電源あたり7600μF積んでます。
それで電源からコンデンサまでは抵抗とかはなくスイッチで接続するのみ。
当然ONの瞬間はすばらしい突入電流様が駆け抜けます。電源の運転ランプ(黄緑)は一瞬消えます。
でもこれを作った当時スイッチにスパークキラーを入れたらいいとか知らなかった自分。
ONのたびにスイッチ内ではすばらしいスパークが見られたことでしょう。

それは如何ほどのものだったのか。
P1030065.jpg
これがスイッチを分解した中身。
中央の2枚の板がスイッチで動作する電極です。
明らかに片方だけ短くなってますね。
減った分はちょうど外側の電極と接するところです。
まあ、見事に消し飛んでますね。
さらにティッシュを見ても分かるように、中は煤けてました。
いったいどれだけ激しいスパークが発生してたのやら・・・。


ということで今回の修理。
・スイッチの交換
・スパークキラーをつける
・突入電流の軽減
ってとこですかね。
スイッチ交換とスパークキラーは簡単です。
問題は突入電流様。
こいつが頑固者。
途中に抵抗でも入れればいいんですがあまり大きな抵抗は入れられません。
となると、ここはコイルかなあ、と。
コイルさんも逆起電力とかあってなんか好きになれないんだけど、ここはしょうがないかな。


で、いきなり修理完了です。
P1030062.jpg
スパークキラーがね、この前秋葉原行ったときにいくつか買ってくる予定だったんだけど、見事に忘れてたのでお手製となっております。
コイルも適当に、5Aくらい流れるとか書いてあったやつを。
絶縁はビニテ。相変わらずの適当さ。
ついでに配線中に1Ωの抵抗もいれました。

それでは早速、スイッチON!
!!!
何事もない!
うまくいったのかな!

中に入れるとこんな感じに。
P1030068.jpg
もともとごちゃごちゃなのにさらにごちゃごちゃに。
配線中に固まってる抵抗らしき物がお手製1Ω1Wです。見苦しい。
あと、放熱版からひょろっと出てるのは温度計です。
一応常に異常がないか見てるつもりです。

ということで、無事修理完了、元の環境に戻りました。
P1030064.jpg
ほぼ2ヶ月ぶり。
やっぱりすっきりしてていいね。
アンプとかの類にしてはスイッチとか妙に多いですが。


とりあえず身の回りの異常を発していた物たちの修理はこれで完了したはずです。
ので、ようやくNewスピーカー&アンプの製作へ。
どんなのを作りたいかというと、今度はちっちゃくて持ち運び楽々なもの。
ただし今まで以上に気合い入ってるような気もします。
まあ楽しみにしてくれましたら幸いです。

でわでわ。
スポンサーサイト

修理

どうも。またまたお久しぶりになってしまいました。

9月からはほぼ自由の身でそれなりに更新できるかと思ってたけど、なんか知らないけど忙しかったような気がします。
あ、なんだか学会とかで名古屋行ったんで後日アップしますね。


ということで、久しぶりに半田ごてを握りました。
今回はヘッドフォンアンプ(兼ラインアンプ)の修理です。
P1010288_20101017032311.jpg

どう壊れてるかと言いますと、というか壊れてるというと大げさですが、
最近内部のどこかで接触不良が起こってるようで、たまに右だけ音声が聞こえなくなることがありました。
ちょんちょんって叩いてやるとすぐ直るんでどう考えても接触不良ですね。

早速オープン
P1010550_20101017032720.jpg
内部の配線と基盤とはコネクタで繋がってますが、そのウチの一つ、配線が端子から抜けかけてました。
専用の道具もってなくてラジオペンチで適当に処理したのが仇となりましたね。

とうことで今回の作業。端子の接続し直し。
と、配線がぐちゃぐちゃなのでちょっとやり直します。


そして2時間作業したものがこちらです!(3分クッキング風に)
P1030061.jpg
ちょっとは・・・すっきり・・・した・・・よね?
結局最後は力業になってしまいましたが。

主な変更点としては、
入力~ボリュームまでを同軸2芯ケーブルに。
入出力のアースラインをまとめる。
ってとこですかね。

ケーブルの引き回しにも気を遣ってみました。
するとあら不思議。
この前まで蓋を開けた状態だとハムノイズが結構入ってたのですが、
この改良を施したらぴたりとやみました!

アースは奥が深いとか配線に気をつけろとかよく聞きますが、ホントにそのようですね。
これで音質もアップしたに違いない!(プラシーボ)



でわこのへんで。
お次はメインアンプの修理ですよー(たぶん)
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。