スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発振器完成(2)

とうわけで、前回の続きです。

前回はこちら→発振器完成!

ちなみにつかってるキットは秋月のMAX038精密波形発生キットです。


ケース加工も終わったので、いよいよ配線に入ります。
P1010653.jpg
途中ぶっ飛びましたw
配線終了ですw
まあ、説明書見ながらのんびり半田付けしてただけなので。
特にオリジナル要素とかはないです。
あ、今回は試験的にスパークキラーを付けてみました。100Ωと0.1μFを直列で。
これでスイッチの寿命が延びるらしい。
さらに言うなら、始めてヒューズ使いましたw
100V怖いしね。

でわ、いよいよドキドキの通電試験です!
電源プラグを差して・・・特に異常なしかな?
P1010654.jpg
およ?
スイッチ入れてたかな?
LEDが点いてるよ。(右上の青いの)
あれ?でもスイッチはちゃんと切れてるよ?

まあいいやw
スイッチON!
P1010655.jpg
異常はねえか!?
特に熱くなったり煙がてたりとかはなし、と。
で、LEDは煌々と光り輝いてると。



あ!
スパークキラーのせいかW
コンデンサーのせいでちょっとだけ電流流れてるんだw(いいのかなぁ?)
そのせいで、電源から3V出てます。
まあ、発振器本体は動いてないようだし、長いことプラグ挿しっぱなしという事もないと思うのでこれでよしとしましょう。

ではいよいよ発振テストを。
P1010656.jpg
一応発振してますね。
でも、なんか変です。
ダイヤル回すとある程度調整できるものの、すぐに不安定になってしまいます。
周波数微調節にいたってはまったく調節できないしorz

気を取り直してチェック開始です。
はい。
すぐ見つかりました。
ポテンションメーター付け間違えてましたw
ということでせっせと直して・・・
今度はうまくいきました。

でわ、いよいよ取り付けです。
P1010657.jpg
まあ、過程もなく一気に終わってしまうわけですが。
やっぱり中身はギュウギュウですw
操作系多すぎだろw
とまあ、ここまできて、もう一回テストして、やっとカバーが付けられます!

あとは保護ビニール剥がしたり、増し締めしたりして・・・
とうとう完成です!!!
まずはバックから。
P1010659.jpg
すっきりしてていいなぁ。

お次はフロント
P1010720.jpg
それにしてもごちゃごちゃ付きましたね。
測定器だからこんなもんかねぇ。
つまみがまちまちなのはつっこんではいけません。
ただの買い忘れですw
あと、一応発振器らしく周波数調整用にバーニヤダイアル付けてみました。
ちなみに右から周波数調整、微調整、デューティ比調整です。
下のつまみが周波数レンジ切り替え、隣のスイッチが波形選択(三角、sin、矩形)
一番左が電源となっております


これでアンプの性能がよく分かるぞー!

200KHzくらいまではきれいに出力されてます。
それより上のMHz帯も、減衰しながらも出力されてます。
減衰はきっと作り方のせいでしょう。


なにはともあれ、11月末からやりだして、漸く完成です。
ちょっと時間掛けすぎたな。
でもこれで発振器とオシロスコープがそろったので、いろいろ広がるわけです。


今度は依頼物かな。
またいろいろやろうとしてるので、無駄に大変なことになること必須ですw

でわでわ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。