スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野を駆け回れ

先週日立は大雪(大げさ)に見舞われましたね。
前回のことですけど。
あれだけ降ったのを体験したのはいったい何年ぶりだろう。と、まあそれくらい雪とは縁のない人生を送っていますw
という事は当然雪が積もればテンションが上がるわけですw
自転車に乗ったらわざと雪の上を走って、わざと滑りますww
そこに高い場所があればもっと積もってるんじゃないかと期待してついつい上を目指してしまいますwww

ということで、雪山を登ってきましたw

あれです。
雪が積もった後の小学生と心境は同じですw
雪を丸めて転がしたり投げたりしないだけですw


では、以下コントラスト比とテンションが無駄に高い写真が長々と続きます。
あと日立の地理が分かってる方がいいです。


これが12日の朝の状態です。
いくらか溶けちゃってますね。
ちなみにななみさんを入れる作業をして多のは11日。
このブログは音速遅めです。
P1010777.jpg

サークルの集会があるので学校へ行って・・・なんとな~く上の方まで行ってみようと思ったのが全ての始まり。
このときまさかあんな事になるとは・・・ってほどでないはず。
そしてグラウンドの様子。
P1010778.jpg
やっぱり雪は丸めてなんぼですかね。

とりあえずヨークベニマルまで行けばいい景色が見られるかなぁと。
その途中の景色。学校方面
P1010780.jpg
屋根がみんな白いよw
ここはいつの間に雪国になったんだw
実家で家族がこの風景見てパルパルしてるのが目に浮かぶぜw

ベニマルまで来たものの、まあ特別たいした変化はなしと。
ついでだから店に入ったらもやしが安かった。¥10

さて。
ニトリんの後ろには山が広がっている。
住宅もまだ高いところまであるから、"もうちょっとだけ"行ってみよう。
P1010781.jpg
・・・え?
いえいえ、決してニトリんの後ろがこんなになってるわけではありません。
途中で2方向に分かれてたので、よりワクワクする方に行っただけですw
どうやら先客もいたらしく。バイクですかね。こっちはチャリだ。
こっちをどんどん登っていったら、途中でバイクさんは諦めて折り返してました。
はっはっは。俺はもっと先にいくぜいw と、自転車をこいだ瞬間。
ペダルを踏んでも滑って登れないw
なるほどどうしてバイクさんが折り返したわけが分かったよw
仕方ないので押して登ると・・・行き止まり。(採石場みたいな場所で立ち入り禁止)
ですよねー。
途中はこんな光景が見られました。
P1010791.jpg
日立の山にはいると結構似たような物を見られます。

では気を取り直して、こう片方の道、住宅地方面に向かいます。
途中で一枚。
P1010792.jpg
結構高くなってきたかな。
ちなみにこの辺でも積雪にあまり変化なし。

上の方は・・・まだまだありますねw
P1010796.jpg

この辺でやめようかと思ったけど、まあせっかくだしってことでさらに上を目指し・・・
P1010797.jpg
自転車はここまでじゃw
さすがにこの坂は押すしかなかったw
っていうかよくこんなところに住んでるなあw

後ろにはこんな看板が。
P1010799.jpg
いつの間にか登山道の入り口まで来てしまったようです。
・・・さすがに高鈴山までは遠そうだし、助川城跡なら20分もあれば行けるかなぁ。
まあ、行かないわけがないですね。
ここで自転車はお留守番です。

助川城跡方面はこんな感じ。
P1010800.jpg
明らかに野生動物が歩いた跡があるよw

途中には神社がありました。
P1010803.jpg
足跡一つない神社に踏み入れていくと・・・こう、なんか新鮮です。

途中の景色。南側
P1010804.jpg

北側
P1010805.jpg
遠くに見える煙突の高さを覚えててくださいね。

さらに進み、途中から動物以外に子供の足跡とも合流し、進む事数分。
P1010810.jpg
やじるしの示す方向は、すごい勢いで下ってます。
でもまあこっちだって言うんだからこっちなのでしょう。
で、結構な高さを降りきったけど、どこが助川城跡?
よく分からないので再び元の場所まで登り直します。
今度はもう一方の矢印の指す、本丸跡を探します。

こっちはすぐに見つかりました。
P1010815.jpg
でまあ、本丸跡とか助川城とか全部一つの公園だったみたいです。
さらにこの公園の下の方はさっき降りきったところのすぐわきという。

たしかにそれっぽい場所ですね。
P1010816.jpg

せっかくなのでぐるぐるまわってみましょう。
P1010818.jpg
こんな寒くてもリリーさんはちゃんと来てるようですね。
雪の上に紅色の花びらが落ちてたのがすごく目立って、綺麗でした。
はて。梅が咲いてるという事は、今度はあそこに行かないといけないのかな。
まあそれはまたの話。

P1010820.jpg
つっこみ不要。
ただの痛い子ですw
だってぇ、そこに雪がふっさりと積もってるんだもん。冷たかったです

可愛い足あとを見つけましたw
P1010823.jpg

さて。そろそろ戻りましょうか。

で、戻ったはいいけど、さっきもう片方の道が気になります。
そっちはこんな感じ。
P1010825.jpg
先は見えない。
あのカーブの先を見てから帰ろうか・・・時間はまだ3時過ぎ。
でもさすがに7.5キロ先はちょっと遠いなぁ。
う~。行きたいけどさすがにたどり着くのは無理だろうし・・・たどり着けても帰りが大変そう・・・。
ま、まあ、"ちょっとだけ"ならいいよね!
ちょっと行って、どんな様子か見て、そして帰る事にするよ!

カーブを曲がった瞬間。
P1010826.jpg
うわぁお。結構な上り坂で。
これ登れるのか?まあ、やってみないと分からないよね!




ええ。当然のように登りましたよ。
しかもその後は急な坂はなく順調に進めてますよ。
P1010827.jpg
もう完全に山の中だねw

でもさすがにこのまま進んでしまうのは危ないような気がしたので、
なんせこのとき手持ちの食べ物はもやし(¥10)一袋のみw
さらに携帯は家で充電中w
万が一にも遭難なんてしたら洒落になりませんw

ってことで、3時半になったら折り返すとしましょうw

進め~すすめ~すずめ~みすち~・・・あれ?
なんかずっとガコンガコンって機械的な音が響いてたんですよ。
まあさっき変な道に行ったときにブルドーザーとか動いてたから、この辺の山の中では珍しくないのかなぁと思いつつ歩みを進めてると・・・
P1010832.jpg
こ!これは!あの架空索道ではないか!
なるほどあの機械音はこれだったのか!
架空索道についてはこちらここがいいかな。
まあ用は鉱山から石灰石を運ぶゴンドラです。
去年?一昨年?に出発点は確認してました。
そのうちゴール地点とか、途中とかも見てみたいなぁと日々思ってたところ。
まさかこんなところで出会えるとはw

近づくとこんなの
P1010834.jpg
設備は結構古いはずですけど、整備が行き届いてるのかキコキコとか一切聞こえません。

よっこらしょっと。
P1010837.jpg
よい子は真似しちゃいけません。

ゴール側の望む。
ず~っと続いてますね。
P1010839.jpg

海側をアップ。
P1010842.jpg
ここで写ってる煙突に注目!
さきほど見えてた煙突がだいぶ低く見えてますw
いったいどれくらい登ったのやらw

今度はスタート側。
P1010841.jpg
1時間くらい見てても飽きなさそうw

さらに視線をずらして、よ~く見ると、
P1010846.jpg
なんだあれ?
はげ山のてっぺんに小屋がぽつり。
展望台かな?
P1010849_20100216003731.jpg
ここはどうやら助川山のようです。
そしてあれが助川山山頂。
328mとうことは、今いるところは280mくらいあるのかな?
よくもまあテンションだけで海抜10m地帯から登ったもんです。

後ろを向くとこんな看板
P1010848.jpg
さっき高鈴山まで7キロだったから1.5キロも雪山を進んだのかw
でもさすがにあと6キロは無理だ。
助川山山頂も行きたいけど、すでに予定の3時半。
ここからあそこまではそれなりの距離がありそうです。見えてるのに。
まあ・・・また次回な!
時間も時間だし、携帯なしのもやし一袋じゃあちょっと心細いぜ!
せめてチョコレートでも持ってないとね!

ということで、漸く帰路につきますが、この辺で雪質が変化してる事に気づく。
さっきまで足を置いてもサクッとめり込んだのに、今はバリッといってあまり沈み込みません。
どうやら表面が凍りだしてるようです。
気温、下がったかな。
小雪もちらついてきたし。
真面目に帰ろうかね。

ちなみにこの辺まで来てもそんなにいっぱい積もってるていうことはなく、下の方でMax積もった状態がそのまま残ってるような感じでした。
しかもシャーベット状。
パウダーだったらもっとテンション高かったかな。

さてさて。
帰り道は意外と大変です。
すべります。靴の中がどんどん濡れていきますw
そして最後の難関が・・・もちろん最初の坂ですw
ここは雪に隠れて見えないけど、地面は岩になってますw
当然滑りますw
でも、止まれませんw
だったらしょうがない。

たったったっててててて
P1010855.jpg
ズサー。
もちろんこんなのじゃ転けませんよw

ということで、突発的雪山登山は終了です。
いつかリベンジしてやるからな!

後は自転車でこんな坂とか、ず~っと下るだけ。
寒い。濡れた足が霜焼けできそう。寒い。風が冷たい。
登りの10倍くらいのスピードで降りきったと思います。


さてはて。助川山はかなり見晴らし良さそうでしたが、あれは下から見えるのか?
カワチの横の公園にて。
P1010857.jpg
肉眼じゃ分からなかったけど、ちゃんと写ってました。
ここからだとそんなに高く見えないんだけどなぁ。


どうやら今日も雪の予報です。
まあたいして積もらないでしょう。
積もってもたぶん山には入りませんよ。たぶん。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。