スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオインターフェイス

なんか最近になってオーディオインターフェイス(UA-1EX)から雑音が聞こえるようになりました。
なぜか左側だけからぼそぼそがさがさと雑音が聞こえます。
音調の小さい音楽だと普通に聞こえるくらいです。

一応色々テストしてみました。
まずは左右(赤白)を入れ替えて聞いてみる。
当然右側から雑音が聞こえます。
自作アンプ系の異常ではなし。

お次はヘッドフォン出力。
ばっちり左側のみ雑音が聞こえます。

ということは?
一番初段が異常ってことか?
もしくはRCAとヘッドフォンはひとつのOPアンプで賄ってるのか?
まあ、内部回路は分からないので何ともいえないですが、これはなんとしても治さなくてはなりません。


てことで早速分解。
上下に分割しようとしても無駄です。
なんとかしてアクリルっぽいカバー(ビニール?)をはがして、ネジ止めされてます。
P1020413.jpg

中身はこんなの。
P1020414.jpg

とりあえず原因として、コンデンサの容量抜けorOPアンプの異常を考えてます。

じっくり観察してたらそれらしき物を発見しましたw
P1020420.jpg
真ん中のコンデンサだけ明らかに様子が変ですw
破裂でもしたのかな?

とりあえず原因らしい原因を発見です。

しかし、どうしてこうなった。

そもそも接続先が自作機器だったり、今でこそ発振器とかあるけど以前は回路の確認のためにこいつから適当に信号を取ってた事もあるので、
変に壊れてても文句は言えない使い方をしてたわけですが。

ということで、原因っぽい物が分かったので、Newコンデンサーを入手するまで適当にごまかしながら使いますw
P1020424.jpg
愛着も何もないような使い方ですね。
まあしばらくの辛抱です。




後日。


P1020427.jpg

やっちまっただwww

なんかちょと押したらノイズが減ったような気がしたんですよぉ。
それで調子に乗ったらつい・・・

下のパターンごと剥がれちゃってるのでさすがにお手上げです。
しかもこの状態になっても雑音に変化はなしと。
原因はOPアンプ?

さすがにこれ以上弄る気も起こらないので、新しいのを買う事にしましょう。
もう買ってから3年だし、ちょっとグレードアップしてもいいんじゃないかと。



しかしまあ、なかなか適当な物が見つからない。
UA-1EXは音質もそうだけど、それ以上に機能性と持ち運びに重点を置いてる感じです。

さすがに同じ物を買うのはつまらないので他のを探すわけですが、そうするとUA-1Gに行き当たります。
機能性、携帯性ともに・・・って、これじゃあ今までと何も変わらないようなw
それでもいいんですけどね。

ちょっと趣向を変えてみると、SE-U33GXVとか、SE-U55SXが目に付きます。
スペックとかを見る限り、前者は機能的には劣るけど持ち運びできる。
後者は機能的に十分だけど基本据え置き型。持ち運びはほぼ不可。
ちなみにUA-4FXという選択肢は考えていないので。

今はこの3つで悩んでます。

ただ機能性と言っても、普段はRCAの出力のみに使っていて、ごくごくまれに録音用として使うくらいなので、多彩な入出力端子とかは必要ないっちゃないのですが。
とするとSE-U33GXVか?
でもやっぱりいざというときの機能性というのもあっていい。
ならSE-U55SXか?
しかし持ち運べる事を考えるとUA-1Gもわるくない。
でもオンキヨーの製品がやっぱり気になる。




物を買うときはいつもこんな調子です。
お金を全く気にしないならいっそのこと全部買って、必要なときに使い分ければいいんですけどそうはいかないですからね。


来週くらいには、買ったよ! の記事を書ければいいと思います。

でわでわ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。