スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010WEMに行ってきました(車両製作1)

お待たせしました。お久しぶりです。

しばらくいい感じに気合いが抜けてました。所謂燃え尽き症候群とか言うやつですかね。
そこまで燃え尽きた気はしてないんですが。

今までで本当に燃え尽きたのは一度だけですかね。
そのときは完全に動けなくなりました。2時間寝たら復活しましたが。
だから今回も燃え尽きてはないんでしょう。


ということで、すでに書いてたとおり、2010ワールドエコノムーブに行ってきました。
いろいろ書く事が多いので、大会数日前から順を追って書いていこうと思います。

とりあえず大会概要から。
この2010WEMは、C.E.A(クリーンエナジーアライアンス)が主催する2010W.E.M.GPの第一戦にあたります。(たぶん)

もっとも私たち(チーム茨城大学)はこっちの他にこちらもあるので、この大潟大会しか参加するつもりはないのですが。
ちなみに今回がチームとして初参加になります。


記事が多いのでまとめました。気になるところに飛んでください。
時間があれば始めから見てもらえるとありがたいです。
燃料電池車2 → 車両製作2(カウル)
燃料電池車3 → 車両製作3(中身色々)
燃料電池車4 → 完成~試走
燃料電池車5 → 大会1日目
燃料電池車6 → 大会2日目(決勝)
燃料電池車7 → 後日談


でわそろそろ本文と行きましょう。


・車両製作1 


ここに至るまで写真は全く撮ってないので、このへんからはじめるとします。

今回は燃料電池部門での出場ですが、車両は以前Hondaエコノパワーで使用してたものを使い回します。
もともとエンジンを置いてた場所に燃料電池を置くのだから、スペース的には余裕・・・のはずだったんですがね。
あまり全体の写真は残ってないのですが、こんな感じです。
P1020412.jpg
オールアルミです。
後ろに載ってるのが、ミツバ製、ダイレクトドライブモーターM0124D-lVです。
格好いいです。おまけにホイールのバランスも完璧。
右側に見えるのが燃料電池本体です。
その脇にちょこっと見えてるのが日ケミのコンデンサー(2.5V 600F × 10)です。
その他主要な物として、水素タンク、DC-DCコンバータなどがあります。
水素タンクは燃料電池をいただいた所から一緒にいただいた物、DC-DCは秋月のこれを二つパラで使っています。

それらの構成図はだいたいこんな感じです。
P1020447,5
シンプルいずベスト。
この他にDC-DCの後ろにスイッチ(ブレーカー)と電流計、コンデンサーの所に電圧計が付きます。
あと、水素タンクからは一旦流量計を通します。
モーターは加速時とかに結構電流を喰うと聞いていたので、燃料電池の出力を一旦コンデンサーに貯め、大電流が必要なときはコンデンサーから供給してやろうという考えです。

こっちは実際の配線図
P1020447,6
わけわからんですね。
自分が分かればいいやの、メモなので悪しからず。
カプラー位置とかもちょこちょこ変わってたりします。
ヒューズとブレーカーも書いてないや。
まったく当てになりませんね。

こちらはモーターのコントローラーをはめ込んだやつ。
P1020448.jpg
いつもの適当工作のせいで四角いの(進角切り替え)が収まり切れませんでしたorz
青いのはDC-DCの電圧調節です。

これは燃料電池と、燃料電池の制御回路。
P1020451.jpg
基本的に燃料電池の制御はこの回路がやってくれるので扱いは楽でした。
そしてなにやらパソコンでデータが取り込めるようですが、まだそのレベルまで達していません。

カウルもほとんど完成してきました。
P1020454.jpg
我らチーム茨城大学は最近アルミ缶カウルで押しています。
これが意外と軽くて丈夫。
ただし手間はかかる。
そしてなにより注目を浴びますw
ちなみに後ろは結構壮観になっております。(まあそのうち)
でまあ、これの作り方でも書ければいいんですけど、僕はたいていカウル作ってる横で燃料電池弄ったり配線作ったりしてるのでほとんどカウルに手を付けていません。よって写真も全然無いのです。
もっとも今回は結構簡単に、缶を開いて両面テープで繋げただけのようですが。(以前は折り込んで繋げてた)

ちなみに作業場ですが、今回は研究室をジャックさせて頂きましたw
いやほんと申し訳ない。
おかげで作業はとてもやりやすかったです。


今日はこのへんで。
次はカウルについていろいろ書きます。


車両製作2(カウル)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。