スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会2日目(決勝)

お待たせしました、大会二日目、決勝戦です!


以前の記事はこちら
燃料電池車1 → 2010WEMに行ってきました(車両製作1)
燃料電池車2 → 車両製作2(カウル)
燃料電池車3 → 車両製作3(中身色々)
燃料電池車4 → 完成~試走
燃料電池車5 → 大会1日目


本日の天気は曇り、今にも雨が降ってきそうです。
さらに風も昨日と同じように強い北風です。
しかし鳶さんは元気なようで。
P1020597.jpg

この日も7時くらい(だったかな?)に起床。
眠い目をこすりながら作業開始です。

前日の反省を踏まえ、早急に対策の打てるボンベ周りを改良です。
いままで燃料電池の上に2本横置きしてたのを、縦置きにして直接燃料電池の熱が伝わるようにします。
といっても、作業に夢中で画像がありません。適当に想像してくだせい。
さらに廃熱用の小穴もすべてふさぎます。
すべて塞いではだめなので、酸素ファンにはエヴァダクト(謎)をつけて通気を確保します。
そして上は蓋をして、これで前日よりは幾分ましになったかと。

そして9時くらいにテスト走行。
ここでは洩ってきたボンベを使うので、燃料が切れない限り戻ってこれるかと。
思ってたんですけど20分くらいたってもうすぐコース閉鎖だっていうのに戻ってきません!
車組から連絡。→折り返し地点で燃料切れ!
あわてて取りに行きましたとさ。
しかし昨日とあわせて2週も持たないとは・・・。

決勝はすごい勢いで時間が進んでいきます。
10時にはグリッドイン開始です!
P1020600.jpg
このときのwktk感はたまらないですねw
地元の高校生も取材に来てるようでした。
他にも秋田テレビ?さんとかも来てたようです。

我が軍もインして出発を待ちます。
P1020604.jpg

コントロールアーチではこれから出走式が行われるようです。
P1020608.jpg

くす玉割れたーw
P1020611.jpg
ここはコントロールアーチからかなり離れてるので何やってるのか全然わかりませんw

この間、ボンベを冷やさないようにジャンパーとかで覆いながら待機してました。
さらに走行10分前くらいからゆっくりとコンデンサーに充電してます。

いよいよドライバーも乗車。
P1020612.jpg
これから2時間がんばってください!

いよいよ全車準備が整ったようです。
RIMG0552.jpg
前日の結果を基にグリッドが決められているので、かなり後ろからのスタートになります。

11:00、スタートです!

全車一斉にスタート、我が軍もあらかじめ充電してたおかげで難なくスタートです!

ここから携帯で通信開始。
今日は水素の急激な消費を抑えるためにゆっくりめで走行する作戦です。
しかし、例によってハンズフリーが聞こえないorz
なんとか聞き取りつつ、こちらから指示を送ります。
やはり折り返しまでは順調なようで、帰りがつらいようです。

そうこうしてる間に、トップが周回していきました!
P1020616.jpg
ゼッケン1のZero toDarwinProjectさん。
ラップタイムはなんと7分48秒!
ちょうどこのころ我が軍は折り返し付近でした。
ちなみにラップタイム等々、大会に関することはほとんど公式ホームページに上がっています。

1周目帰ってきました。
P1020617.jpg
やっぱりでか・・・周りが小さすぎるんですよ!
ラップは17分43秒。
いい調子です。


ここからしばらくいろんなチームの写真を撮りました。
適当に載せるので、気になる車両があったら公式ホームページエントリーリストにいろいろ情報があるので見てみてください。

P1020621-1.jpgP1020622.jpg
P1020623.jpgP1020624.jpg
P1020625.jpgP1020632.jpg
P1020631.jpgP1020629.jpg
P1020628.jpgP1020627.jpg
P1020626.jpgP1020638.jpg
P1020637.jpgP1020636.jpg
P1020635.jpgP1020634.jpg
P1020633.jpgP1020644.jpg
P1020643.jpgP1020642.jpg
P1020641.jpgP1020640.jpg
P1020639.jpgP1020646.jpg
P1020645.jpg
流線型が多いけど、どのチームも違いがあっておもしろいですね。

そうこうしてる間に、2周目帰ってきました!
今度は動画でお楽しみください。

[広告] VPS


こんな感じに、のんびり走っております。そしてびゅんびゅん抜かされます。
でもその分周りの人によく見てもらえるんだぜ! と。
このときラップは20分28秒。
ちょっと遅くなりましたが、あの走りを見てる限りまだまだいけそうです。

こちらは下りなのでいい感じに進めます。
P1020653.jpg
3周目いってらっしゃーい!

また写真撮ります。
P1020661.jpgP1020660.jpg
P1020659.jpgP1020657.jpg

ついでに動画も。
[広告] VPS


再生始めに出てくるのも燃料電池車です。
とても同じ燃料電池車とは思えない・・・。

その後車両は折り返しまで順調に行き、やはりつらい帰りで何とか止まりながらも戻ってきました。
3周目ラップは31分19秒。
やはり水素の供給が追いついていないようです。
ここまでで約1時間経過してます。

3周目、ラップが30分だったことを考えると40分くらいで戻ってこれるかな?
と思いつつも、連絡を取ってみると止まったばかりとのこと。
しかも流量計が表示されないらしい・・・。
これは予想外です。
青LEDは点灯してるようなので燃料電池が停止してるわけではないですが、かなり出力が低下してます。
何とか電話で連絡を取りつつ、燃料電池を再起動。
しかしなかなか水素が出てこないようです。
ボンベ周りは完全に結露してしまっているとか。
さらにがちゃがちゃやってるうちに流量計のコネクタが抜けてしまったとのこと。
しかもつなぎ直そうとしてもうまくいかず。
まあ残り時間も少ないし、水素も70リットルくらいしか使ってなかったようだし、流量計と電流計はだいたい連動してるのでどうにかなります。
そうこうしてる間に充電もできるようになり、残り数分ですが再出発です!
もう何も気にすることなく全力です!

そして午後1時、レース終了。
トラブルにかなり時間を持って行かれましたが、果たして結果やいかに。

と思ったら割とスタート地点近くまで来てました!
ということは少なくとも昨日よりは多く走ったのね。

計測係の人がやってくる前に一枚ぱちり。
RIMG0637-1.jpg
ひとまずみなさんお疲れ様でしたー。

計測中。
RIMG0641.jpg
ここで距離の計測と、簡単な走行後車検(重りの確認とか)を行います。

さて。
とりあえずレースは終了しました。
あとは、反省しつつ、来年への作戦を考えつつ、結果を待ちつつ、お昼タイムです。

周りも落ち着いたところで、みなさんフリーダムタイムのようです。
ということで記念撮影。
P1020683.jpg
お世話になりました、東京電機大と神奈川工科大さんといっしょです。

この後、いまいち記憶がないのですが、撤収の準備をしてたはずです。

結果が出ました。
チーム茨城大学は、23,770mでした!
記録上は昨日より300m多いです。実際は1キロ以上多いはず・・・

いよいよ大会も終盤、表彰式です。
クラス別に上位6チームが表彰されていきます。
P1020691.jpg
こちらは燃料電池部門上位3チームですね。

すでに結果は分かってるので、入賞賞はないのですが、それ以外にも様々な賞を用意してるとこのことなのでそちらに期待。
それでもぼ~っと見てたら、
「CEA賞、チーム茨城大学!」
およ?! なんだか呼ばれてしまったよ!w
ということでドライバーと一緒に壇上に上がってきました!
RIMG0664.jpg

賞状はこんなの。
P1020703.jpg
CEA賞について詳しくは聞けませんでしたが、主催者賞の事でしょう。(主催:Clean Energy Alliance)
恐らくカウルにアルミ缶を使ったことが評価されたのではないかと。
でもこれでこそ秋田まで来た甲斐がありました!
来年はぜひ入賞の賞を取りましょう!



さて。時刻は4時くらい。
受賞の興奮も冷め切らぬうちに帰路につきます。
帰りも気をつけましょう。家に着くまでが~って言いますからね。
途中おみやげを買って、よく分からないところから高速に入り・・・
途中前方のトラックがふら~っと右に寄っていったりしたので休憩&夕食。
P1020709.jpg
さすがにGWも終盤、人がいっぱいでした。

ここからは東北道。
しかし見事にテレビで見たことある光景のど真ん中に。
CR-Zを追いかけたりサンルーフ開けて遊んだりしながら、仙台を抜けたあたりから快調に。
しかしまあ東北道の上下左右が多いこと。
途中で目の錯覚からかずっと下ってるような感覚になってしまいました。
そんなことをテンション高めに話してたのですが、さすがに意識が途切れ・・・
運転手さんマジお疲れ様です。

磐越道に入り、阿武隈SAに付いた頃には深夜1時くらい。(だったかな?)
そこからも、気づいたら常磐道、気づいたら日立市内だったりと。
大学に着いたのは2時過ぎだったかと。

そして最後のお仕事、トラックから車両を降ろし、漸く解散できる状態に。
最後、みんなで輪になって一本締めして解散しました。



今回の大会、結果はいまいちながらもみんな結構楽しめたようでした。
大会自体余裕を持って動いてたからみんな状況がわかりやすかったのかな。
レースが2時間ってのも大きいようでした。(あっという間ですが)
さらに賞がもらえたこと。
サークルが始まってから大会で賞をもらったのは初めてでした。
漸くアルミ缶カウルが報われたかなぁと。

しかし、エコランをやってる以上、記録で賞をもらわねば!
来年こそは入賞目指しましょう!


何はともあれ、みなさんお疲れ様でしたー!



あとちょっとだけ、この物語は続きます。

後日談
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。