スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修理

どうも。またまたお久しぶりになってしまいました。

9月からはほぼ自由の身でそれなりに更新できるかと思ってたけど、なんか知らないけど忙しかったような気がします。
あ、なんだか学会とかで名古屋行ったんで後日アップしますね。


ということで、久しぶりに半田ごてを握りました。
今回はヘッドフォンアンプ(兼ラインアンプ)の修理です。
P1010288_20101017032311.jpg

どう壊れてるかと言いますと、というか壊れてるというと大げさですが、
最近内部のどこかで接触不良が起こってるようで、たまに右だけ音声が聞こえなくなることがありました。
ちょんちょんって叩いてやるとすぐ直るんでどう考えても接触不良ですね。

早速オープン
P1010550_20101017032720.jpg
内部の配線と基盤とはコネクタで繋がってますが、そのウチの一つ、配線が端子から抜けかけてました。
専用の道具もってなくてラジオペンチで適当に処理したのが仇となりましたね。

とうことで今回の作業。端子の接続し直し。
と、配線がぐちゃぐちゃなのでちょっとやり直します。


そして2時間作業したものがこちらです!(3分クッキング風に)
P1030061.jpg
ちょっとは・・・すっきり・・・した・・・よね?
結局最後は力業になってしまいましたが。

主な変更点としては、
入力~ボリュームまでを同軸2芯ケーブルに。
入出力のアースラインをまとめる。
ってとこですかね。

ケーブルの引き回しにも気を遣ってみました。
するとあら不思議。
この前まで蓋を開けた状態だとハムノイズが結構入ってたのですが、
この改良を施したらぴたりとやみました!

アースは奥が深いとか配線に気をつけろとかよく聞きますが、ホントにそのようですね。
これで音質もアップしたに違いない!(プラシーボ)



でわこのへんで。
お次はメインアンプの修理ですよー(たぶん)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。