スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備段階

無事、電光掲示板の設置が完了しました~!

ということで、早速設置の様子をアップしようと思うんですが、ここは順を追って前日の準備段階からやっていこうと思います。設置当日の様子は明日にでも。


7月10日。

まずは太陽電池設置用のアームから製作します。
15×20mmのアルミ棒1mを、切って穴あけて、溶接です。
切って穴あけてくらいなら個人でも何とかなりますね。
でも、溶接はそうはいきません。
ということで、学校の工場で溶接しました。
え?そんなに簡単に使えるのかって?
え~、もう一つ、エコノパワーというサークルに入ってまして(前書いたっけ?)、そこでフレーム溶接を担当してるんですね。
だから、そ~、こそっと。ねw(だいぶ堂々とやりましたが)

で、できたのがこちら。
P1000850.jpg

見た感じはよくできてますね。
でもこのアルミ棒、全然溶接に向いてなかったorz
もう、やりにくいのなんのってw
P1000851.jpg
溶接面はこんなかんじ。
溶接に向いた素材ならこんながさがさしません。
まあ、この材質に向いた方法はあるんでしょうが。

取り付けるとこんな感じ。
P1000852.jpg

P1000853.jpg
だいぶイメージ通りです。


さてお次はケース類の加工。

まずは昨日作ったDC-DCコンバータをタッパーに入れます。
P1000854.jpg

あとは制御機器を入れるケースです。
ケースはホームセンターで売ってる工具箱。
今回は制御系を全部ケースに入れて防水しようというもくろみです。
まずは配線用の穴。
P1000855.jpg
ホットカッターでのんびり切っていきます。
このあと側面にスイッチ用の穴を開けたんですが、写真はありませんでしたw
配線を通すとこんな感じ
P1000858.jpg


つづいて防水のためにゴムをはっつけます。(効果は不明)

ゴムに両面テープを貼っていって、
P1000856.jpg

フタとの間にぺたっと。
P1000857.jpg
気分だけでも超防水仕様ですw(効果は(ry)
右側にスイッチ用の穴が見えます。

さてさてお次は、いよいよ機器を中に入れていきます!
まずは配線を通す穴を防水しように。
P1000859.jpg
スポンジに切れ目を入れて、そこにいろいろ通します。

それをガムテープでぺたっと。
P1000860.jpg
これで超防水使用さ!(効(ry)

ここから一気に進んで、プチプチ(緩衝)とともに中に全部つっこみます!
P1000861.jpg
これで移動時も安心。
DC-DCコンバータは充電器の下に入ってます。

あとは動作確認だけ~♪
全部接続して
P1000862.jpg

いざ!スイッチON!(ドキドキ)

P1000863.jpg
ついた~!
一枚表示されてませんが、偶然。

ということでこの日の作業は終了。
設置当日の様子は次回に。


それにしても、こういう作業してるときは部屋がちらかるちらかる。
P1000864.jpg
まあ、まだ足の踏み場があるのでましな方ですが。
ちなみにこれ撮ったのは午前5時頃。外は雀がちゅんちゅん鳴いておりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。