スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドフォンアンプ完成!

ここからはケース加工です。

前回はこちら→ヘッドフォンアンプ続き

まずはいつものように部品を大体の位置で並べて、
定規を合わせながらなるべくきりのいい数字に合わせて、
それを方眼紙に書き込みます。
P1010280.jpg
これは後ろ側。
これをケースに貼って、ポンチを打って、ドリルで穴あけしていきます。

P1010281.jpg
今回は 1.5→4.0→任意 の順で開けていきました。
始めに細いやつを使うとずれが少なくていいですね。

ドリルで穴を開けた後はリーマーを使って、ちょうどいい大きさに広げます。
後はカッターでバリ取り。

そして全部開け終わったのがこれ。
P1010282.jpg
と思ったんだけど、
この後穴を一つ開け忘れてる事が発覚w
あわててもう一つ開けました。

続いて実際に部品をつけて、基板固定用の穴を開けます。
まずは位置確認。
今回スペースがぎりぎりなのでかなり身長に位置決めしてます。
P1010283.jpg
というか、完全に部品と基板がかぶっちゃってるので、固定はかなり面倒な事になりますw

そして穴を開けたのがこれ。
P1010284.jpg
確かこれやったの11時くらいだったw
こっちは3ミリのねじに対して、4ミリで穴あけしてます。(いっつもずれるのでw)


さてさて。
いよいよ配線です。
ここからが長かったw
まさか朝日を見るとはw

今回はコネクタを使ってるので基板からコードがのびる事がなくて、幾分か楽になりました。
P1010285.jpg
ホントの戦いはこれからだった・・・
一度終わったと思ったら、ボリューム入れ忘れてたんだぜw




おっしゃー!
配線終わりwww
P1010286.jpg
なんかぼけてますが、上の方でスイッチとジャック×2が滅茶苦茶につながってますw
これをケースに固定するのかと思うと・・・orz


そしてしばらくの格闘の後・・・
P1010287.jpg
ふう・・・。
なんとか終わった。
なにも間違えがない事を祈る。


電源ON!
LEDピカ!
フッ (えっ!?)
ピカ! (おぉ。コンデンサー入れすぎたかw)

一応は問題なく動作しました。
だがしかし、さっきの写真の撮影時刻は4時39分。
次は完成写真なのですが、その時刻は6時38分。
・・・いったいこの2時間の間に何が・・・

音は出たんですよ。
動作類も問題なかったんですよ。
ただ一つ。
ボリューム回したときにがバリバリ言ってる・・・orz

とりあえず交換しました。
でも今度は片側だけ鳴ってる・・・

さすがにあやしいのでオシロスコープにつないでいろいろ見てみたら、
確かにボリュームを回すとすごいノイズが出てますね。
おまけにそれとはちがうすごいノイズも出てるし・・・orz

で、ボリュームは仕方ないのでとりあえず放置で、今度買い物したときに交換しましょう。
後のノイズですが、完全にハムってますorz
アースがだめなのかといろいろ探っては見ても、全然効果なし。
なんなんだろぉ・・・といろいろやっていくうちに、ケースをかぶせると消える事を発見。
あれ?っと思ってケースかぶせてねじ止めすると完全にノイズは消えましたw



とおいうことおでえ、かあんせええい!
P1010288.jpg

P1010289.jpg

朝日が燦々と降り注いでおりますw

さて。
ヘッドフォンアンプにしては明らかにスイッチとかジャックとかが多いのでちょいと説明を。
このヘッドフォンアンプは、ヘッドフォンアンプ以外にプリアンプの役割も持たせています。
と言うのも、メインアンプはゲインが大きくて音量調節がしにくいので。
さらに欲張ってRCAの出力は2つつけてしまいましたw

一番左のスイッチは電源。まあすぐわかりますね。
その右がヘッドフォンとRCAの切り替えスイッチ。
これをつける事でヘッドフォンはつなげたままでRCAに出力できます。(その逆も)
これならいちいちメインアンプの音量を調整とかしないで、簡単にヘッドフォンに切り替えられますね。
そこからミニ、標準とジャックが続いて(これも欲張りw)、次のスイッチがゲインの一発調整になります。
このスイッチを入れると、もとのゲインを3/1に減らせます。
ちなみにアンプ自体のゲインは3倍なので、スイッチ一つで1倍のアンプとして使えるようになります。(ただし、今になってみればいらなかったような気も・・・)
後はボリュームですね。

裏側は右から電源、RCA入力、RCA出力×2となってます。

まさに自分用だからここまでごちゃごちゃつめこめられるわけですねw(メインアンプも然り)
しばらくは自分でも迷うんですけどねw


さてさて。肝心の音はというと・・・いつも通りよくわからんで終わるかなぁと思いきや、これにはいろいろ言いたい事も出てきます!
まず電源を入れても・・・・し~ん・・・。
ほぼ無音です。これはさすがとしか言いようがない。
ボリュームマックスにすると若干サーって聞こえますが、音楽をならしてれば絶対気づきません。
そして無雑音が故に音の細かいところまでよ~く聞こえます。
また、いいのか悪いのか、ある曲ではボーカルオンリーのところでマイクのオンオフがわかります。
でもこのオンオフ、息継ぎ(?)がカットされてるせいで聞いててちょっと息苦しくなるw(息継ぎ大切ですねw)
まあこんなくらいですかね。比較対象と言ってもまともなものがないのでw
でもホント、前依頼されたときもそうだったんだけど、これで聞くといままで聞こえなかった音まで聞こえて、すごく音楽にのめり込めます。
そして次の曲次の曲と・・・全然聞き飽きないです。


以上。かなり長くなってしまいましたね。
それだけ今回はこだわってみたということでw
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。