スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに

サブウーファー完成の記事を書けるw
いや~ 長かったw
想像以上に長くなってしまったw


前回はこちら → 完成(仮)


昨日から触りたい気持ちをグッと抑えつつ、今朝は暖房を27℃に設定(2時間タイマー)して扇風機にあてながら大学行って、帰ってきてからようやく作業開始ですw

まずは中に入れてた新聞紙類を抜き出し。(ここで爪傷をつけてしまたorz)
P1010363-.jpg
ダクトの黒塗装もちゃんと残ってます。
ここまできて漸く目的の状態になったかな。

スピーカーケーブルは250\/mのちょっとお高いやつですw
だらかなに?って思ってるんですけどねw
まあ見た目重視という事でw
P1010364.jpg
ついでにバナナプラグも付けときました。
これで取り扱いはだいぶ楽になる。

あとは内部配線通したり、とりあえず吸音材入れたり。
P1010365
この吸音材(フェルト?)、前は山新に売ってたのに、今は売ってないみたいorz
仕方ないので前買っておいたやつを。

さて。
そんなこんなで作業はのんびりと進み・・・

最後の、ボックスとユニットのドッキングw
P1010366.jpg
これで一応完成ですw
うん。苦労してボックスを銀塗装した甲斐があったかな。
いい感じに調和が取れたかと。
あと、振動板を拭いたらみごとにツルツルになりましたw

アンプと接続
P1010367.jpg
ばっちり音出ましたw
しかも想像以上の音圧w
ちょっと音量上げただけで近所迷惑になりますw

で、音楽ならしてみると、やっぱり迫力が増しますねw
ただし調子にのってると近所迷惑w
床が振動してるのがよく分かりますw


さて。ちょっとお遊び(というかこっちが本望だったりしてw)
上の写真のアンプからはずして、メインアンプに接続してみました。
P1010368_20091019191821.jpg
ふたが開いてるのは気にしちゃいけない。(熱が・・・熱が・・・)
左側の白いコードがウーファーにつながってます。
このアンプにはある仕掛け(と言うと大げさだけど)があって、内部に4ch入れる事で、メインスピーカーと、もう一系統スピーカーを鳴らす事ができます。
メインは一番右のボリューム。
真ん中のボリュームがもう一つのボリュームです。

仕掛けというのがその隣の小さいボリュームとスイッチ。
スイッチを下に倒すとローパスフィルターが形成されて、もう一つのスピーカーはウーファーとして使えます。
さらにローパスフィルターのカットオフ周波数は、その小さいボリュームで調節可能。音量は真ん中。
我ながらよくぞここまで詰め込んだと思いますねw
ちなみに入力は4chあって、サブ側は選択可能です。(この辺はまたそのうちやりましょう。)
さて。
本題に戻ると、
そのもう一系統を今回のサブウーファーにつないだわけですw
なにこれ。おもしろいw
曲によって自由に周波数の幅と音量が変えられて、かなり便利ですw
まあ、この効果をねらって作ってたので、ちゃんと発揮できてうれしいですね。
あとノイズはこっちの方が少なかったりして(ぼそ)


あとは吸音材の調整しないとかな。
何はともあれ無事完成してめでたしめでたしw
水戸の方々待ってろよ~w
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。